キャッシングの比較の決定版!上手なカードローンの活用術!

キャッシング・ジャパンのトップページへ
キャッシングやカードローンを上手に使えば、生活はより豊かに!

キャッシングに関する個人の信用情報は、共有されている

---

キャッシングに関する豆知識や雑学

キャッシングを利用するときでも、ローンを組んで買い物をするときでも、クレジットカードの申し込みをした時でも必ず行われるのが「審査」です。

それぞれ形は異なりますが、個人にお金を融資していることには変わりありません。
ですから、当然、きちんと返済してくれるのか、返済能力を審査し、それに応じて、利用限度額が決まったり、ローンで買い物ができるようになるです。この時にキャッシング会社等が融資するか、どうかの判断基準となるのが信用情報です。

では、どのようなものが信用情報として扱われるのでしょうか。
申し込みをした時を思い出してみてください。
どの申込書の場合でも、下の項目は必ず書いたのではないでしょうか。

  • 個人を限定するための基本情報
    名前・住所・電話番号・生年月日・勤務先名・勤務先住所・勤務先電話番号など
  • 経済力をはかる情報
    収入・他社借入件数・他社借入金額・月の返済金額、取引状況など

こうした情報が全てあなたの信用情報として記録され、審査に使われています。

信用情報機関とは?

ただキャッシング会社にしても、申込書に書かれていることを鵜呑みにすることはできません。申し込みをした人が嘘の内容を書いているかもしれないからです。

そこで、会社同士で信用情報の共有を行い、より正確な情報を捉えるようにしていきました。この情報の共有を行うために作られたのが信用情報機関と呼ばれるものです。

信用情報機関

信用情報機関がいくつもあるのは、業種によって加盟する機関が異なるからです。

全情連は、キャッシング専業会社や商工ローンが加盟する最大の機関です。
全国銀行個人信用情報センターは、銀行及び政府関係金融機関等が加盟できる機関です。
CICは、流通業・信販・クレジットカード業のための情報機関です。
CCBは、外資などのキャッシング会社が設立したものです。
テラネットは、全情連に加盟できないクレジットカード会社などでも、全情連に登録されている情報を一部参照できるように2000年に作られた組織です。
※それぞれの信用情報機関については、別ページで詳しく説明しています。

この中で、全国銀行個人信用情報センターとCIC、全情連の3者間では事故情報、申告情報だけは共有しています。これをCRIN情報と呼んでいます。

事故情報が登録されることを俗に「ブラックリストに載った」と言います。

---
---
---

Copyright © 2004-2017 キャッシング・ジャパン All Rights Reserved.

キャッシングを比較し、ネットで簡単に申込みができる!