キャッシングの比較の決定版!上手なカードローンの活用術!

キャッシング・ジャパンのトップページへ
キャッシングやカードローンを上手に使えば、生活はより豊かに!

キャッシングとは?

---

キャッシングに関する豆知識や雑学

お金を借りることです。

住宅ローンやマイカーローンなどと異なり、個人の自由な目的に使用する事ができます。 また、原則、保証人や担保が要らないサービスでもあります。

お金を借りるというサービスですから、もちろん対価が必要となります。
それが、利息です。

初めてキャッシングを利用される方は、利息をあまり取られないところを選びたいものです。 というのも、利息を取る為の実質年率は、キャッシング会社によって、それぞれ異なります

2010年の貸金業法の改正で20%を超える利息を取ることができなくなりました。
しかし以前は、29.2%以下の利息であれば、合法としていましたので、高い利息を取るところでは、29.2%の実質年率がかかっていたのです。実質年率が6.0%をきる低金利の会社もある現在と大きく違いますね。

例えば、30万円を借りて、毎月2万円ずつ返していくとして比較してみましょう

  実質年率6.0%の場合 実質年率29.2%の場合
返済回数 16回 19回
返済総額 312,449円 (12,449円が利息) 376,376円 (76,376円が利息)

つまり同じ金額を借りたとしても、キャッシング会社に返すお金は、約6万5千円も違うのです。 だから安い利息の会社を見つけて、借りるようにしましょう。

これからキャッシングをご利用される方へのメッセージです。
テレビのCMでもやっていますが、「ご利用、ご返済は計画的に」。
これは、忘れないでいてください。

上手にキャッシング会社と付き合っていことで、より人生が楽しく、豊かになっていくプラスの面と、年々、自己破産や特定調停などの債務整理を行なわなければ、再起できない人(多重債務者)も増えてきているのです。
キャッシングには、そういったマイナスの一面もあるのです。

キャッシングのご利用は計画的に!

お金を借りるという事を、少しだけでも考えてください。
これからのキャッシング・ライフがあなたの人生を豊かにしてくれる事を願っています。

キャッシングと呼ばれるようになったのは・・・

余談ですが、今では、キャッシングという呼び名が当たり前です。
2000年頃であれば、武富士・アコム・アイフルに代表されるような消費者金融と呼ばれたり、 さらに一昔前ですとサラ金などと言われていました。

サラ金と聞くと、今の若い人はピンと来ないかもしれませんが、30代より上の世代の方は、 サラ金地獄などのニュースを思い出されるのでは?

今では、銀行と消費者金融が提携して、銀行系のキャッシング会社ができてきましたし、 過去の出来事を払拭し、よりクリーンなイメージを作りあげようとしています。
銀行系のキャッシングでは、キャッシングと呼ばずカードローンと呼んでいますね。

---
---
---

Copyright © 2004-2017 キャッシング・ジャパン All Rights Reserved.

キャッシングを比較し、ネットで簡単に申込みができる!